• ホーム
  • ジスロマックがクラミジアに効果があるわけ

ジスロマックがクラミジアに効果があるわけ

病原体

クラミジアの治療は、アジスロマイシンと呼ばれる抗菌剤を主成分とするジスロマックが有効です。アジスロマイシンは抗菌作用を持ち、クラミジアの病原菌が体内で増殖するのを抑制する働きがあります。アジスロマイシンによって増殖を阻止された病原菌は少しずつ数を減らし、最終的に人間の免疫細胞に攻撃されて死滅することで病気が治癒します。もしも治療をせずに放置すると人の免疫細胞が殺傷するよりも速いペースで病原菌が数を増やし続けるので、いつまで経っても体内の病原体を完全に死滅させることができません。

細菌の細胞内は、自身の体を構成する蛋白質を合成するためにリボソームと呼ばれる器官を備えています。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、病原体の細胞内にあるリボソームに含まれる50Sサブユニットと呼ばれる部分に結合する性質を持っています。アジスロマイシンが50Sサブユニットに結合をすると、リボソームが正常に働かずに細胞を作るための蛋白質を合成することができなくなります。ジスロマックはリボソームの働きを抑制することで病原体の増殖を防ぎ、抗菌作用を発揮します。

アジスロマイシンは病原菌を直接殺傷するのではなく、細胞分裂をして増殖をするための活動を阻止する働きを持つ抗生物質です。このように病原菌の増殖を抑制する作用を静菌効果と呼び、病原菌が増殖をするタイミングで細胞分裂を抑制することで治療効果を発揮します。アジスロマイシンは静菌効果を持つ抗生物質であり、病原体が細胞分裂をする時にだけ効果を発揮します。ちなみに50Sサブユニットは細菌のリボソームにだけ含まれていて、人間の細胞内には存在しません。このため、アジスロマイシンによって人の細胞分裂が抑制されるようなことはありません。

クラミジア・トラコマチスは、粘膜細胞に感染した後に約72時間(3日間)の周期で爆発的な増殖を繰り返しながら体内で数を増やすという性質があります。アジスロマイシンが体内で抗菌作用が持続する期間は服用後10日ほどなので、この間に病原菌は2~3回ほど増殖ピークを迎えることになります。病原体が体内で増殖をする時に抗菌作用を発揮し続けるので、この間に免疫細胞が病原体を攻撃して死滅させることで病気が治癒する仕組みです。ジスロマックは直接病原体を殺傷するのではなく、増殖して爆発的に数が増加するのを阻止することで免疫の働きを助ける働きをします。

関連記事
性病かもしれない!検査をしなきゃ!その前に・・・ 2020年05月14日

何らかの自覚症状に気づいたり、性行為をした後に性病の感染が気になる場合があるかもしれません。性病は保健所や病院で受診すれば検査をしてもらうことができ、症状が出ていない潜伏期間でも感染の有無を確認することができます。性病検査の受診をするために病院や保健所に行く際は、事前にいくつか注意しておくべきポイン...

性器にイボが・・・?まさか尖圭(せんけい)コンジローマ? 2020年04月07日

性器に何か違和感を感じて確認してみたら、いつの間にかイボができていたという場合があります。性器にできるイボの正体は尖圭コンジローマで、性行為の際にヒトパピローマウイルスが皮膚に感染して出来る良性の腫瘍が原因で発症します。女性の場合は膣に入口や内部にイボができますが、肛門にできる場合もあります。尖圭コ...

強い感染力を持つ性病「梅毒」 2020年02月28日

梅毒は昔から存在が知られてきた性病のひとつで、江戸時代の日本でも都市部の遊郭を中心に流行した記録があります。1942年にペニシリン系の抗菌薬が発売される以前は治療をすることができず、何百年もの間にわたり多くの人が梅毒が原因で命を落としていました。現在はペニシリン系の抗菌薬を服用して適切に治療をすれば...

性病の症状はクラミジアだけじゃない 2020年01月24日

クラミジアは日本国内で感染者数が多い性病として知られるようになりましたが、他にも性行為によって感染する病気はたくさんあります。クラミジアと同じように性行為によって伝染する病気には、後天性免疫不全症候群(エイズ)・尖圭コンジローマ・性器ヘルペス・梅毒・腟トリコモナス症などもあります。これらの病気の感染...

ジスロマックが高い!と思ったらジェネリックの「アジー」があります 2019年12月30日

ジスロマック(500mg錠)は最初に2錠を服用するだけで、90%の確率でクラミジア感染症を完治させることができる優れた治療薬です。アジスロマイシンは殺菌効果に優れていますが、アレルギー反応や下痢などの副作用が出にくいというメリットがあります。最初に1回飲むだけで10日間にわたり抗菌効果を発揮するので...