• ホーム
  • クラミジアはどこから感染する?

クラミジアはどこから感染する?

薬を飲んでいる男性

クラミジアは、感染者の血液や分泌液が他の人の粘膜に直接接触をする際に伝染をします。分泌液と粘膜が接触する場面で一番多いのが、性行為や性交類似行為です。性器や口を使ったセックスをして粘膜や唾液が触れる際に感染ルートとなり、性器や喉の粘膜に病原体が伝染します。性器と口だけでなく、ディープキスなどで口から口に病原体が伝染するケースもあります。ディープキスをすると唾液や粘膜を通して咽頭クラミジアが感染する恐れがありますが、軽いキス程度でうつる心配はありません。

性行為の際に性分泌液が相手の粘膜に接触をするような場合は、高い確率で病原体が伝染してしまいます。男性がコンドームを着用すれば精液を通して伝染をするリスクを減らせますが、妊娠の恐れがないオーラルセックスでは避妊具を着用しないケースが少なくありません。避妊具を着用せずに口などで性行為をする際に、クラミジアがうつってしまう場合が多いです。

クラミジアの病原体は性器や喉以外にも、直腸の粘膜にも感染して繁殖をすることが知られています。例えば男性がコンドームを着用せずに肛門を使って性行為をすると、直腸と男性器の間で病原体が伝染してしまいます。肛門と男性器の他にも、肛門と口の間でも病原体が伝染してしまう場合があります。

クラミジアの病原体は粘膜などの宿主の細胞以外では生きることができないという性質をもつので、宿主(人体)から離れて空気中や水中に放出されると短時間で死滅します。このため、性行為以外のルートで病原体が他の人に感染をするケースは極めて稀です。トイレの便座や感染者が使用した直後のタオルなどを通して伝染する可能性が考えられますが、現実にはこのようなケースは滅多に発生しません。人体から離れてトイレの便座やタオルに付着した病原体はすぐに死滅してしまうので、日常生活で感染する恐れはありません。

クラミジアの病原体が伝染をするためには、感染者の分泌液が相手の粘膜と直接接触をする場合に限られます。感染者の口や性器が、相手の口・性器・肛門などと直接接触をするような場合のみです。日常生活でこのような場面は発生しないので、過度に心配をする必要はありません。ただし性行為の際に男性がコンドームを着用したとしても、相手の口・性器・肛門などと口で接触をする場合は伝染してしまう恐れがあるので注意が必要です。妊娠の恐れがない行為であったとしても、病原体が伝染するルートが存在することを理解しておきましょう。

関連記事
ジスロマックを飲む前に副作用もあるので知っておこう 2019年12月04日

人間の体内には病気を引き起こす有害な細菌だけではなく、有用な働きをする善玉菌も活発に活動しています。例えば人の腸内には3万種以上の細菌が棲みついており、食物の消化吸収を助けたりビタミン合成や有害な細菌が増殖するのを防ぐ働きをしています。このような善玉菌は人が健康を保つのに必要不可欠な存在で、腸内の善...

ジスロマックがクラミジアに効果があるわけ 2019年11月06日

クラミジアの治療は、アジスロマイシンと呼ばれる抗菌剤を主成分とするジスロマックが有効です。アジスロマイシンは抗菌作用を持ち、クラミジアの病原菌が体内で増殖するのを抑制する働きがあります。アジスロマイシンによって増殖を阻止された病原菌は少しずつ数を減らし、最終的に人間の免疫細胞に攻撃されて死滅すること...

クラミジアの原因はウイルスではなく【細菌】 2019年11月02日

クラミジア感染症は、クラミジア・トラコマチス(Chlamydiatrachomatis)と呼ばれる細菌が原因で起こる病気です。エイズ(HIV)やヘルペスの場合はウイルスによって引き起こされますが、クラミジアはウイルスではなくて細菌の一種です。ウイルスと細菌は構造・大きさや増殖の仕組みの点で大きく異な...

クラミジアの症状とはどんな症状なのか? 2019年10月27日

クラミジアが感染する場所は、泌尿器・生殖器と咽頭部(のど)の粘膜の2種類です。感染する部位ごとに、違った症状が出ます。性器や咽頭部の粘膜にクラミジアの病原体が感染すると、自然治癒することはありません。人によっては無症状の期間が何年も続く場合がありますが、この間に他の人に感染をさせてしまう恐れがありま...